イオン,2020年めどに女性管理職の割合を50%に引き上げることを明らかに


日本では女性の管理職や役員などが諸外国と比べて少ないということは従前から指摘されてきていますが,大手スーパーのイオンが,女性管理職の割合を5割として,このような日本の現状から脱却していく方針を明らかにしました。

2020年をめどに5割とするという時期的な目標とする模様です。

しかし,目標数値を掲げてしまうと,無理にそれを達成しようとする誘因が働くため,先進的な取り組みだということで手放しで感心するということはできないような気がします。

イオンはしっかりした社風であり,そのようなことはないのかもしれませんが,女性の働きやすい会社を標榜するあまり,育休制度の取得の実績を作りたくてしょうがなくなり,やや無理やり制度利用をさせたきらいのある事例を見たことがあるので,対外的に表明したことでかえって自縛に陥らないことが大事だと思った次第です。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。