もう偉そうにできない


この日は,午後からあちこち出かけて,最後には修習委員会で弁護士会館に行きました。

弁護士会館に行くのは委員会の時くらいですが最近仕事が忙しくて委員会に顔を出せなくなってしまっていて,当初の想いと異なってしまってきました。

それだけではなく,新しく弁護士登録をして修習委員になった方がどんどん入ってきて,修習生と一番近い立場ということがもう崩れてしまいました。

修習生に弁護士業務の話をするならば,伝統的な弁護士業務を幅広く行っている方の方がふさわしいでしょうし,修習生もそういった方の話を求めているでしょうから,あまり訴訟をしないし,個人の一般民事の事件もほとんどしないしで,人事労務分野に専門特化してしまっている私の場合,なかなかお役にたてないなあと思ってしまいました。

しかし,弁護士が増えすぎていると騒いでいる今日,弁護士の多様化の実例をみるのも悪いことではないと思うのです。若いうちはとかく自分の知識の中でステレオタイプ化したイメージに合致する道を邁進してしまいがちですが,なんとかなる道は,気づいていないだけでまだまだあるということは知ってほしいような気がします。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)