東芝、韓国ハイニックス半導体を特許侵害で日米で提訴


日本と韓国の間での特許紛争がまた一件おきました。

フラッシュメモリーの特許をめぐるもので、東芝が韓国ハイニックス半導体を特許侵害で東京地裁とアメリカのテキサス州ダラスの連邦地方裁判所に提訴しました。記事はこちら

東芝とハイニックスは、2002年まではクロスライセンス契約を締結していたそうですが、その後は無契約状態になっているようで、そこを根拠にしての提訴のようです。

ただハイニックスは、交渉中であるとしており、事実関係はよくわかりません。

松下とLG富士通とサムスンに続いて、またもや技術をめぐって日韓で特許紛争になったわけです。

日米で並行して手続を進める点も常套手段といえます。

それにしても、ハイテクに限らず、日韓は本当に競合する点が多いので、今後もこういった紛争は絶えないと思います。

個人的に思うのは、一般的に韓国のメーカーはかなり利益率がいいのですが、日本の大手家電メーカー、重電メーカーはなぜあんなに利益率がよくないのでしょうか。
日本企業は全般的に世界と比べて驚くほど利益率がよくないですが、特に電機メーカーにそれが目立ちます。
その辺の克服はいつかできるのでしょうかね。


About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)