理論的なものは実務的か


この日も夕方から夜にかけていろいろな予定が交錯していて判断が難しかったのですが,案件に関係しそうな論点がちょうど弁護士会の研修で取り上げられたので,これはと思って行ってきました。

大学教授による研修だったため(実は東大時代からよく知っている先生なのですが),周囲を見渡すと,実務家にはなかなかはっきりしないのがきつかったようでした。

個人的にはとても勉強になりまして,受講してよかったと思いました。

案件との関係で非常に具体的にイメージできた点がありますし,そもそも理論的な法律の講義はやはりいいものだなあと思いました。

研究の世界に入りたいとか言っているのではなく,高橋宏志教授のお言葉を借りると,理論的なものは実務的である,実務的なものは理論的である,といったところでしょうか。

そうはいいつつも,普段の仕事を振り返るとあんまり理論的に考えられていないような気もするのですが。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)