不可逆性への疑念


この日は,社会人としては先輩なのですが,弁護士としては後輩にあたる方々を含めて東大ロースクールの面々で集まって会食をしてきました。

体調を崩してからの外食は数えるほどしかないので,ひやひやものでしたが問題なく終わりました。

弁護士の方々は,私なんかと異なり,年齢がハンデになることもないほどのすごい能力と経験の持ち主なので,当然のごとく大手事務所に入られたのですが,まだ弁護士なり立てなのにガンガン働かれておられました。

しかし話を聞いてみると,私などはお目にかかったこともないような仕事ばかりで,同じなのは弁護士会だけで,全然別世界にいるようでした。

私には絶対回ってこないし,そもそも回ってきてほしくないようなことをやられており,今の自分がいかに自由を満喫しまくっているかがよくわかりました。

別に転職とかどうこう話されていたわけではないのですが,会食中話しながら,ふと大手から中小の事務所に転じるとか,インハウスになるとかそういう場面を抽象的に考えてみたとき,社会人で経験豊富なこの方々は全然問題ないとしても,新卒でそのまま大手に入られた方の場合,大手の経験が活きるというのは想像しているほどはないのかもなあと思いました。

東大ロースクールの後輩たちや修習委員会で就職活動中の修習生と話していて,大手から中小にはいけるが,中小から大手には転じることはできないので,自分は大手を目指すのだということをいわれたことは1回ではないのですが,不可逆性というだけではなく,そもそも一方通行もなかなか難しいのではないかなと思ったりしたのでした。

そんなことをしているうちに,終電を逃してしまい,大変な目にあいつつ帰宅しました。終電を逃したとかそういうことばかりこれまでの日記では書いてきましたが,体調を崩してからは早く帰るようにしておりそんなこととはご無沙汰だったのですが,久しぶりになってしまいました。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)