新刊法律書(3月12日発売分~4月5日発売予定)


個人的に気になっている法律書の発売予定をリストアップしてみました。実務書よりも理論的なところに偏っているのは私のこれまでの経歴のせいです。

決定版の体系書ですね。

 

条解シリーズはものすごく高いですが,まとまりがあり,使い勝手はいいように思います。

 

菅野先生への畏敬の念はものすごくあるのですが,ここまで高くなるとはどういうことなのか一瞬考えてしまいました。

 

東大法学部の刑法第1部の教材です。

 

短答対策で買っていらい,そのまま使っています。

 

コンパクトですが,行間を読むのが難しいと思います。

 

これは内容が非常に気になっています。

 

コンパクトにまとまっており学習者から評価の高い判例教材です。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)