投資ファンドのエフィッシモ,株式を保有している日産車体のグループ資金管理システムが株主利益に反するとしていた事件で,上告を見送ったことが判明 一方で株式を買い増ししたことも判明


投資ファンドのエフィッシモ・キャピタル・マネージメントが,グループ資金管理システムの是非やひいては親子上場について問題提起することになったいわゆる日産車体事件が上告見送りで終了したことが明らかになりました。

控訴審判決まで請求棄却だったところ,上告がされなかったことが判明して,日経で報道されました。

しかし一方で大量保有報告書によるとさらに同社の株式の買い増しをしていることも判明したとのことで,訴訟の終了とは別に今後の思惑がありそうです。

ファンドは同社に「経営管理体制について引き続き注視していく」と表明しているとのことです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。