最高裁,神奈川県の旧臨時特例企業税の適法性が争われている事件で弁論を開く


このブログでもちらほら取り上げてきました神奈川県がかつて貸していた臨時特例企業税について,いすゞ自動車が違法であるとして争っている事件の上告審の裁判で,最高裁は18日,弁論を開きました。

この事件では,控訴審までは臨時特例企業税を定めた条例は適法としていることから,最高裁が弁論を開いた以上,控訴審の判断が覆ることが予想され,臨時特例企業税について違法との判断がされる可能性がでています。

この臨時特例企業税の適法性について,神奈川県が主張している理由の一つに,総務大臣の同意も得ているということを挙げている模様です。

しかし,この同意は,なんでも同意するので,適法であることのお墨付きにはならず,根拠にならないのではないかとその昔,中里教授が仰っていました。今,まさにそれが現実化するかもしれない事態が到来したのかもしれません。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。