通勤時間帯がずれていることによる悩み


この日は比較的予定が少なかったのでセミナーの準備をしていた時間が多くなりました。

もっとも,この日はというか恒常的に朝に時間を要することをしないといけなくなってしまったため,家を出るのが遅くなりがちで,午前中はあまり時間をとれないのです。

そのせいで帰宅が遅くなって翌日に響くという悪循環を繰り返しており,早くから仕事を始めて早めに帰るようにすればいいのですが,なかなかそうもいかない感じです。

そういうわけで日常的に行きの通勤はラッシュ時からずれているのですが,その時間帯だと今度のダイヤ改正で減便されることになってしまうのです。

減便に見舞われるとはなかなか深刻な悩みです。東武鉄道が地下鉄に流れるのは面白くないと思うのは当然なのですが,小川町発着の快速を設定することはあまり対策にならないような気がします。遠距離の速達サービスを考えたのかもしれませんが,遠くなるほど人口が希薄なので,むしろ,丹念に利用者を拾っていくために急行を増発したほうが効果があるような気がします。

意外なことですが,列車の本数が増えるとそれによってその周辺に何か影響が出るわけではないはずなのに鉄道利用者は増える傾向があるのです。

ライナーの送り込みを兼ねている上りの快速急行も全般的にはすいていますので,やはり大都市があって都市間連絡というわけではない東武東上線では停車駅が少ないことはマイナスになると思うのです。

次の改正では考え直してくれないかあとすでに改正される前から思っています。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)