絶望的な乖離


この日は弁護士会の修習委員会の修習生との懇親会があり,二次会まで出ていたら遅くなりました。

終電が気になってきたので,二次会は中座したのですが,終電ぎりぎりになってしまいました。夜間の銀座から池袋は結構,時間がかかるものですね。

さて,民主党が敗北して混乱がより極まっているのですが,その中で敗北の原因をマニフェストを守らなかったためという結論づけをしているきらいがあるように見受けられます。

建前論として言っているのかなあと思ったのですが,あまりばらまきに積極的ではなかった元祖民主党人脈の人たちもそういっているので,どうやら本気でそう思っているようですね。

世の中がどう見ているかについて絶望的に鈍感で,一般人と感覚がかけ離れているなあと昔から感じていたのですが,最後の最後までそれが治らず,この総括にも如実に表れているようです。

前回選挙は民主党が勝ったのではなく,自民党が負けただけだったのですから,ばらまきを期待したというよりも,自民党よりもましならという程度の認識がふつうだったと思うのです。

ですから,今回の結果は,端的に仕事がまるでできず,口先だけでごまかしてきただけということがばれて,嫌気がさしてしまったために民主党がNOが突きつけられたということではないでしょうか。

ならば,大事なのは実現できるマニフェストを作ってそれを実現することではなく,まともに政治の仕事ができるようになることが必要なのではないでしょうか。

総括まで無能さをさらけ出しているところにこの人たちの救われ難い一面を見る気がします。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)