抜けないサラリーマン気質


今日はさすがに疲労の蓄積がひどく,座っているだけで寝落ちしそうになったり,じっと立っているだけで眠くなってきたりと,かなりやばくなってきたので,比較的早く帰りました。

私は,弁護士になってもサラリーマン気質でできているせいか,企業人を前にしての弁護士の営業トークにはひやひやすることが多く,普通の企業人ならこう話せば受け止めてくれると思いつくことをその場でフォローすることがよくあります。

すごく気を使うので,健康に良くない気がするのですが,まあ致し方ないでしょう。なんで純粋に歩んできた弁護士は,相手の求めている話ではなく,自分の世界の話をしてしまうのでしょうかね。こう疑問を呈している時点ですでに答えが出ているような気もしますが,異業種を知る,自分とは違う世界を知るということは,弁護士に限らず,あらゆる人にとって永遠の課題なのでしょう。

かくいう私もごくごく一部でしかも特殊性のある組織にいたため,かなり偏っている未熟な存在なのですがね。

そんな中,適切なフォローをありがとうございましたとか,企業の方,特に担当者レベルから言われるととてもうれしく思います。私もそういった立場でひやひやしながらいろいろな場面を見守っていたものですから,担当者のやきもきがとてもよくわかります。

心の底からよかったと思った一日でした。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)