ソニー,公開買付と株式交換を組み合わせてソネットエンタテインメントを完全子会社化へ


完全子会社化の事例がまた一つでましたので,取り上げます。

完全子会社化の代表的な手法には,MBOでよく使われる,公開買付と全部取得条項付種類株式への転換と対価を端数になるように調整して現金処理というのがよくありますが,もう一つ,公開買付の後に株式交換を組み合わせるという手法もよく指摘されるところです。

このたび,ソニーがソネットエンタテインメントをこの後者の方法で完全子会社することになりました。

ソニーのプレスリリース

上記リリースでは,公開買付で完全取得できなかったためとあるのですが,さすがに公開買付で全部買えるとは思っていなかったでしょうから,当然,第二段階を最初から考えていたものと思われます。

なお,ソニー側では簡易株式交換,ソネット側では略式株式交換になるという点でも興味深く,会社法の制度の理解にとてもよい事例だと思います。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。