千葉地裁の案内サイン


ここのところ,日記すら毎日更新できなくなってきていますが,まとめて更新しようとすると,書く段になって,その日に何があったかを忘れてしまっています。

予定を見てその日に何があったかを振り返りつつこれを書いています。

この日は千葉で案件が入っていたので,朝には千葉地裁に直行したのですが,自宅からほぼ3時間かかりました。

東京駅から内房線直通の君津行きにのって本千葉で降りました。

千葉地裁は初めて行きましたが,施設案内の案内サインがとてもわかりやすくリニューアルされていて,バリアフリーの概念が行き届いていることを感じました。

裁判所に慣れていない一般の方だけではなく,こちらにとっても迷わなくて済みます。

日本で特にそうなのかはわからないのですが,鉄道の案内サインなどには何らかのコンセプトがあって作られていることが多いような気がします。

その空気みたいなものをつかんでサインを見るようにすると迷うとか困るとかの事態にならなくてよいのかもしれません。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)