名づけて破れかぶれ解散


この日は帰宅時にまたもや東武東上線で人身事故が起きてしまい,埼京線周りで帰る羽目になってしまったため,家まで2時間半もかかってしまいました。

現場は鶴瀬とのことで,またもや志木からふじみ野の間でした。

この近辺に極めて集中しており,いったい何が起きているのか疑問でなりません。

 

さて,とうとう衆議院が解散されることになったようです。

もしかして野田総理は反骨の心があるのか,みんなでやめろと強く求めると逆にそれをやってしまうようです。

このままいくと追い込まれますから,それよりは自分のイニシアチブで解散するのは正しい選択です。しかし,本当に勝負をかけるなら谷垣前総裁を相手にするべきだったので,完全に遅きに失しています。

すでに海外のメディアからは「カミカゼ解散」と名付けられたようですが,果たしてこの解散の名前は何と付けるべきでしょうか。

破れかぶれ解散,自爆解散,発狂解散とかいくらでもネーミングは思つくところです。野田総理は日本の選択解散とか名づけたいでしょうが,おそらく無理でしょう。

経済対策のために解散しないといっていたのに,経済対策置き去りで一転してこの騒ぎ,安倍総理の末期くらいの錯乱ぶりといえましょう。

果たして,再チャレンジ可能な社会は本当に日本に訪れるのか,あまりわくわくしない選択が日本国民に迫られています。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)