最高裁,SARVHが東芝に私的録音録画補償金の支払いを求めている訴訟で上告を棄却


JAPAN LAW EXPRESS: 東京地裁,SARVHが私的録音録画補償金の支払いを求めて東芝を提訴した訴訟で請求を棄却およびJAPAN LAW EXPRESS: 知財高裁,SARVHが東芝に私的録音録画補償金の支払いを求めている訴訟の控訴審で,控訴を棄却の続報です。

理由づけは一部異なるものの,私的録音録画補償金協会(SARVH)が東芝に対して私的録音録画補償金の支払いを求めていたこの事件では,第一審,控訴審とも東芝の勝訴となっていました。

このたび,最高裁が上告を棄却する決定を出したことが明らかになり,東芝の勝訴が確定しました。

報道によると決定であることから最高裁による判示はないものと思われます。

法的構成についてはいささかよくわからないままになってしまいましたが,いずれにせよ私的録音録画補償金についての重大な判断がされたということになるかと思われます。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。