間の抜けた話


政治主導というのは政治家の思い付きで好き勝手ができるというものだとすると,それは独裁国家の指導者の気まぐれとほぼ同レベルの話です。

北朝鮮をはじめとする国々の独裁体制を批判する資格など,ほとんどなくなってしまうでしょう。違う点は愚かな行為をしているのが民主的に選ばれていながら,法に基づく行政の原理を無視しているという点だけです。

さて,ここのところ日に日に仕事が充実していき,忙しくて仕方がないのですが,今日はそれ以外の理由ですっかり疲れてしまいました。

精神的疲れは仕事での肉体的疲労よりも堪えることがよくわかりました。

明日も打ち合わせなど予定がぎっちりで,朝早くから行かねばなりません。出勤時間は遅めにしているのが常だったのですが,いよいよそんな悠長なことは言っていられなくなってきました。

ありがたいことです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。