模擬裁判


この日は弁護士会のプログラムで修習生の模擬裁判をしていたので,一日を通じて一切仕事をせず,終了後は懇親会をしていたのですっかり遅くなりました。

久しぶりに終電に乗り損ねてしまい,川越まで迎えに来てもらいました。

証人役をやったのですが,修習生を指導するなんて偉い立場ではないので,ただシナリオを読み込んでいって演じるだけで精一杯でした。

ただ,証人役をやって尋問を受ける立場になってみると,どういう質問だと答えにくいのかとかがよくわかり,非常に自分の勉強にもなりました。すんなり答えを導ける問いかけとは何かというのはなかなか難しい深遠な問題です。

もっとも,心証を尋問でとることになるような事態はあまりないわけですので,そもそもどれだけの重みがあるのかが若干問題なのですが,証拠の少ない事件では尋問で心証をとらざるを得ないということでしたので,やはり技量の向上を図っておくべきではあるのでしょう。

この週は,通じて模擬裁判をしていたので仕事を抑えていたのですが,夜中に対応する羽目になったりして,むしろ混乱気味になってしまいました。

いつも同じことを言っているような気がしますが,なかなか疲れました。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)