事実は現場にある


この日は,事件は現場で起きているというのは,必ずしも刑事事件だけに当てはまることではないなあということを実感しました。

私は比較的,関係した方々に事務所に来てもらうのではなく,赴いて話を聞くことをよくします。これはいろいろな考慮からしているもので,必ずしも一つの理由からではないのですが,今回は早々来てもらうことも難しいためにこちらから行ったという形でした。

ところが,事務所ではなく,赴いて話してもらうと,緊張とかが比較的少ないせいか,ざっくばらんにいろいろなことを言ってくれるという特徴がある気がします。

すると,何気なく聞いたことに結構使える事実が含まれており,その裏付けもお願いすると,みんなそこにいるので即時にできてしまうという利点もありました。

守秘義務の点から弁護士が事務所に来所を求めることには,相当の理由があるのですが,こちらから出張するのもこういう点から利点があるなあと思った次第でした。

なんといっても事実が大事なので,事実を捕まえるには現場に肉薄することも必要ということですね。あらためて当たり前のことに気付かされた週の終わりでした。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)