東京地裁,労災中とされる専修大職員の解雇を巡る訴訟で,労働基準法所定の打切補償は使用者による療養補償を受けている場合に限られ,労災保険の受給者は含まれないと判示していると報道される


JAPAN LAW EXPRESS: 専修大,療養中の職員を解雇したのを中央労働基準監督署から労災で療養中の解雇として是正勧告を受けるも従わず,雇用関係が存在しないことの確認訴訟を提起の続報です。

上記記事では,労災で休職しているということに争いがあるのではないかと書いたのですが,実際には労災で休職していることは事実のようで,さらに労働法的に深い論点が争点となっていた模様で,判決が出ての報道を目にして驚きました。

なんと,専修大は,打切補償をしたので解雇したと主張していたことが明らかになりました。

打切補償というのは労働基準法にある制度で,労災で療養中の解雇を禁止するのが原則なのですが,それでも3年経過して治癒していない場合には,1200分の賃金相当の打切補償をすれば解雇可能となるというものです。

労働基準法
第19条(解雇制限) 
使用者は、労働者が業務上負傷し、又は疾病にかかり療養のために休業する期間及びその後三十日間並びに産前産後の女性が第六十五条の規定によつて休業する期間及びその後三十日間は、解雇してはならない。ただし、使用者が、第八十一条の規定によつて打切補償を支払う場合又は天災事変その他やむを得ない事由のために事業の継続が不可能となつた場合においては、この限りでない。
②前項但書後段の場合においては、その事由について行政官庁の認定を受けなければならない。

第81条(打切補償)
第七十五条の規定によつて補償を受ける労働者が、療養開始後三年を経過しても負傷又は疾病がなおらない場合においては、使用者は、平均賃金の千二百日分の打切補償を行い、その後はこの法律の規定による補償を行わなくてもよい。

この打切補償と労災保険の関係については,傷病補償年金を受給しているまたは受給する場合には,打切補償をしたものをみなされると定められています。

労働者災害補償保険法
第19条〔傷病補償年金と労基法第一九条第一項〕
業務上負傷し、又は疾病にかかつた労働者が、当該負傷又は疾病に係る療養の開始後三年を経過した日において傷病補償年金を受けている場合又は同日後において傷病補償年金を受けることとなつた場合には、労働基準法第十九条第一項の規定の適用については、当該使用者は、それぞれ、当該三年を経過した日又は傷病補償年金を受けることとなつた日において、同法第八十一条の規定により打切補償を支払つたものとみなす。

本件の判決では以下のような判示があったことが報道されています。

打切補償の適用は使用者による療養補償を受けている場合に限られ、労災保険の受給者は含まれない

上記のような制度の仕組みから考えると,どういうことだという気がしていますが,本件では,専修大職員の労働者は,労災保険から保険給付を受給しているとはいっても,傷病補償給付以外を受給しているのだと思われます。そこで,労災保険との調整の規定にかかってくるものではないために,解釈で打切補償ができることを限定したものと思われます。この部分は報道のわずかな情報から合理的に説明がつくとしたら何かと考えて勝手に憶測したものにすぎません。

この憶測を前提としてさらに考察すると,どれほどの事業者で,労災で休職している労働者に療養補償をするようにしているかということが気になってきます。実のところ,労災保険法が労働基準法の災害補償を上回ってしまっているため,労基法に規定のある療養補償を使用者が給付するような状況はまずないのではないかと思われます。すると,労災で休職していると療養の給付と休業補償給付という労災保険法の給付があることから,およそ打切補償をしての解雇ができないということになってしまいそうです。

そもそも事実関係の前提が間違っているかもしれないのに加えて,判示事項も報道の通りなのかわからないので,何とも言えないのですが,事と次第によっては相当インパクトのあることを判事しているようなので,全文を確認してみたいと思います。

あくまで報道に書いてあることを見る限りだと,ものすごい判決のように読めるということで記事にしただけですので,報道が言葉足らずなのかもしれませんので,誤解なきようお願いいたします。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。