士業の営業とは


この日は一日中,お手伝いにいっていて,ほとんど自分の仕事をできませんでした。

当初からの予定のとおりだったのですが,予定がいろいろ立て込んできており,なかなか大変なやりくりになってきました。

 

そのような中,本日は知識とか仕事の進捗とかとは別に,士業における営業とはどういうものか,どのようにやるべきかを大いに考えさせられる一日でした。

弁護士の仕事は増えていないという言説はあちこちで聞かれ,司法統計でみる限り,過払いを除くともとから裁判の件数は減少傾向であり,その通りに見えるところがあります。

しかし,一方で,やってみると仕事って結構あると感じることがままあり,しかも価格競争をしているわけでもないので,ニーズはあるのではないという思いを強くしています。

もっとも,どのような感じで仕事をとっているかということを振り返ると,本日のとある士業のグループが大々的に開いたセミナーの中に含まれていた本質に大いに示唆を受けるところがあったのであり,今後,どうやって営業をするべきかという点でも勉強になったのでした。

法律事務の独占という非常に強い地位を有していながら,なぜ弁護士業界全体ではこのようなことになっているのか,非常に興味深く考えました。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)