新しいパソコンとの邂逅のはずが・・・


今日になって,すでに木曜には届いていた新しいデスクトップパソコンをようやくいじくりまわすことができました。

またもやデルで,そこそこハイスペックでタワーシャーシのパソコンを買ってみました。

XPS 8500
第3世代インテル® Core™ i7-3770 プロセッサー (3.40GHz、 インテル® ターボ・ブスート・テクノロジー 2.0稼動時最大3.90GHzまで可能)
16GB (4GBX4) DDR3 1600MHz メモリ
400-25225 2TB SATA 3.0Gb/s NCQ HDD 1
400-25241 32GB mSATA SSD(SRT)

前と同じく,スペック的にはしばらくいけるものにしてみました。しかしこのパソコンを使って数年たつとアラフォーになってしまうことに・・・。そう考えると微妙な気分です。

 

さて,当然ながらOSがwindows7ですので,ネットワークプリンタをなんとかしないといけません。

キヤノンのプリンタのプリントサーバは一社から専用のものが出ており,他社のは推奨されていないということになっています。そこで従来からのプリントサーバでは印刷できないことは実験してみて判明したことはお伝えした通りです。

仕方ないので,その会社の後継機種を購入したのですが,これを設定するのに困難を極めました。

具体的に描くと,windowsXPとwindows7が混在する環境で,キヤノンのLBP3300をネットワークプリンタとするために,サイレックスのC-6600GBを使って実現しようとしたということです。

しかし,説明書やマニュアルに書いていない事態が次々発生して非常に手を焼きました。

そもそも説明不足過ぎてさっぱりわかりませんでした。

仮想プリンタにしないといけないならそう書いてくれないとわかりませんよ。

 

結論だけ書くと,windows7があるとフル機能サポートモードにしないといけなくて,するとsx virtual limkというソフトをつかって出力先ポートを仮想にしないといけないということです。

普通のプリントサーバの要領で,DHCPサーバで割り当てるIPを固定して,出力先をそこのポートにすればいいと思っていたらダメでした。

さて,なんとか設定はできたのですが,まだためし印刷くらいしかしていないのでもしかしたら間違いかもしれませんが,このモードでの印刷では通信エラーが頻発します。結果的に印刷できていることが多いのですが,エラー表示がやたらと出るので,精神衛生によくないですし,そもそもエラーが出ると再印刷をしようとするので紙が無駄になります。エラー発生時の再通信は切っておいたほうがよさそうです。

 

windowsXPからwindows7への引っ越しは,引っ越しツールが搭載されているので比較的楽にできまして,一番難渋したのはプリンタでした。

次からは,キヤノン純正のモジュールをはじめから買うようにしようと思った程でした。

 

せっかくなので,パソコンをデュアルディスプレイにしてみました。

事務所ではそうしている方が多く,興味を持ったので私もやってみました。

グラフィックスボードにHDMIとDVIの端子が複数あったので,簡単にできました。

私はやたらとたくさん開いて参照しつつ,文書を作成することがあるので,画面が広いと便利ですね。

そんなわけで明日もパソコンをいじっていたい気分なのですが,仕事が来てしまいました。明日には終わらせないとまずいので,しばらくお預けです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)