通算5年を超える有期労働契約で働いてきた労働者が期間の定めのない労働契約へと転換することを定めた改正労働契約法が成立


JAPAN LAW EXPRESS: 厚生労働省,有期雇用の継続に規制を設ける労働契約法改正案について労働政策審議会に諮問およびJAPAN LAW EXPRESS: 厚生労働省の労働政策審議会,有期雇用の反復に上限を設け,無期雇用への転換を義務付ける労働契約法改正案を妥当とるする答申の続報です。

いわゆる有期労働契約で5年以上働いた労働者を向きの労働契約に転換することを定めた改正労働契約法が成立しました。

無期への点の間のほかに,有期契約のみなし更新なども定められました。雇止めの場面も考えるとこちらの規定も重大な意味を持っているかもしれません。

議案情報:参議院ホームページ

 

有期の無期への転換についてだけみますと,途中に一定の間が空いていると通算されなくなりますので,それに該当しないように通算5年有期で働いてきた場合,労働者から無期契約の申し出があった場合,承諾したとみなすという内容です。

クリーニング期間という通算されないための例外を設けることが前々から俎上に上っており,そのままの内容で規定されましたので,これを利用しての回避が出てくるのではないかと考えられるところです。

しかし,それは業種によるところが大きくなりそうな印象でして,人材確保状況によっても変わってくるでしょうし,そもそもこの規定で無期に転換しても期間以外の労働条件は従前と同じなのです。

正社員になるということとは別ということです。

要するに無期のパートのような立場になるということになります。

有期であってもよほどのことがない限り雇止めはしないで更新をしている業界というところもあることから,これらにおいては実態としてあまりかわらないことになりそうです。

労働法規は,不十分な内容でもまずは制度を始めるところに意義があり,定着してきたら当初目標としていた内容に改正するという長いプロセスをとることが多いですが,今回も最初からそれほどドラスティックにしないという点では同じやり方をとったといえると思われます。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。