冷房


前日はあまりの暑さに夜中に汗だくで起きてしまい,またばたっと寝たので,寝不足で仕方のない一日になってしまいました。

そのため夕方から講演を聞きにいったのですが,意識を失いそうになってしまいました。

今週はよく眠れた日がほとんどなく,仕事量の割に体力的にきつい日々でした。

 

今年も節電の夏ですが,さすがにそろそろ冷房を使ってもいいのではないかという気持ちになってきました。

冷房というと,通勤時の電車の冷房があまり効いていないことが多いです。特に地下鉄の中がそうで,その中でも丸ノ内線や銀座線の効きが悪い気がします。

節電のために弱めにしているのかなあとも思いますが,一方で,これらの路線の車両の構造を見ると,車端部に冷房が搭載されており,車両の中ほどまでにはダクトで引いている構造になっています。このせいで効きが悪いのではないかという考えが思いつきました。

その他の路線でも,新しい車両ほど冷房の効きがよくない傾向があり,これは1両に1個の冷房を搭載するという集中冷房装置にするのが主流になってきたからではないかと勘ぐっているのですが,はたして事実はどうなのでしょうか。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)