ワタミの一部店舗で,36協定を店長が指名した労働者代表と締結していたと報道され,厚生労働省が労働基準法に抵触する恐れがあると表明していることが明らかに


1日8時間,週40時間の法定時間をこえる時間外労働をするには,36協定を締結して,さらに就業規則に時間外労働の根拠規定をおいたうえで,具体的場面において必要性があるもとで時間外労働を命じる業務命令が必要です。

このうち,36協定は労使協定なのですが,過半数組合か労働者代表との間で締結する必要があるので,どうしても,使用者は簡単にすませたくなるものです。

居酒屋のワタミでは,店舗ごとに36協定が締結されているようなのですが,一部店舗で,労働者代表を店長がアルバイトの中から指名していたことが明らかになり,厚生労働省が,「労基法に抵触する恐れがある」と表明していることが明らかになりました。

ワタミのリリース

 

36協定の従業員代表は,裁判例によると,労働者の中から民主的手続きで選出される必要があるので,本当のところは,労働者だけの中で選出される必要があります。

そのやり方は,必ずしも,労働者の中で選挙をしないといけないというわけではないでしょうが,使用者側が指名するがごときはさすがに該当しないといえるでしょう。

報道されていることが事実なら,ワタミの一部店舗で,36協定の有効性には問題があるということになりましょう。

しかし,これによって問題となるのは,法定労働時間を破ったことになってしまうという問題であり,労働者の手当てがどうこうなるという問題ではないということにも注意が必要でしょう。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。