最高裁,被害妄想らしき精神的失調で,自主的に欠勤した労働者を懲戒処分として諭旨解雇したのを無効と判断


日本ヒューレット・パッカードに勤めていた労働者が,どうやら被害妄想のようなのですが,精神的な不調に陥り,現実には存在していないのですが,当人はあると信じている自分に対する加害を解消するまで出勤しないという行動をとって,有休を使い果たしてさらに約40日欠勤したところ,無断欠勤であるとして,懲戒処分として諭旨解雇されたところ,解雇無効が争われたという事件がありまして,最高裁は解雇を無効と判断しました。

最高裁判所第二小法廷平成24年4月27日判決 平成23年(受)第903号 地位確認等請求事件

注目するべきは,無効とする構成として,本件のような場合は,懲戒事由所定の「正当な理由のない無断欠勤」に当たらないとしています。

構成要件には該当するが,相当性を欠いて濫用であり無効という構成ではなく,そもそも該当しないというところにポイントがあると思われます。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

 

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。