留学


今日は,午後にサークルの後輩と会って,夜には川越高校新聞部の仲間たちと飲み会に行って,その後,一部有志で徹夜で語り明かしてしまうという年齢を忘れたかのような行動をとってしまい,家に帰れませんでした。

話しっぱなしになってしまったので,のどがガラガラになってしまいました。

色々と話題の収穫があったのですが,留学で獲得したディプロマを自宅の壁に貼っているのはいささかおかしいという結論にたどり着きました。

ニューヨーク州司法試験に合格していたら,合格証書みたいのがあるでしょうから,それを貼るところなのでしょうが,それでも日本国内残留組に何か見せびらかしたいとなるとそうなってしまったのでしょうか。

私自身は留学などおよそ考えられないような現状ですが,東大の先生方からは留学しないのとか会うたびに言われます。

大手事務所に入られた方々なら適当な時期にアメリカのロースクールなどに留学して当然なのでしょうが,私の場合,中小企業中心の日常業務が中心の仕事ですので,いきなりそれが立ち切れられてしまうことになりかねず,なかなか難しい状況です。

私の専門が労働法ということもあり,顧客の業務の性質からも,今のところ,ドメスティックな仕事ばかりだからなのですが,すると箔付けくらいの意味しかないのでなかなか踏み切れません。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)