局地的に波紋が広がる


昨日の日経新聞に衆議院選挙の立候補予定者が出ていましたが,全国レベルではどうでもよくても,地域的には驚きの情報がのっていたところもあるのではないかと思います。

うちのところもそうで,自民民主の対決のほかに,意味不明な候補が出馬する模様です。

道理で前市長が選挙ポスターを出していたり,選挙もないのに駅前に立っているわけです。合点がいきました。

しかし,民主党から参議院選挙に出馬を模索して,市長選に出ないでフリーになったのに,立候補できず,今度は民主にも属せずに選挙に出て大丈夫なのでしょうか。

この間の市長選挙で,自民と民主の基礎票がどれくらいかが明らかになってしまったのですが,当選の見通しはあるのでしょうか。

とまあ,色々と興味は尽きない報道でした。

しかし政治的能力はまるでなく,地域の衰退に拍車をかけてしまったのは市長時代の結果でした。当選するようなことがあったら,もっと広い範囲で惨禍をもたらしてしまうでしょう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)