後輩の結婚式


取り上げるべき判例が非常に机の前にたまっているほか,しないといけないこともたくさんたまっており,早く何とかしないと破綻してしまうと思っているのですが,今日は大安ということで,後輩の結婚式に行ってきました。

後輩にどんどん先をこされていっており,まずいと思う点もあるのですが,まあ,かなり破天荒な人生を送っており,なかなか安定軌道に入らないので,身を固めることが難しいという言い訳をしておきます。

 

さて,結婚式では,新郎新婦がお互い,初めに会ったとき「この人と結婚するのかなあと思った」と述懐していたのですが,そういう出会いってあるんですか。

後輩の人となりを考えると,そんなことを思ったということ自体でびっくりしてしまいました。やはり運命的出会いというものはあるのですね。

研究者同士の結婚式だったせいか,全般的にアカデミックな雰囲気が強く,私にとっては珍しい感じの結婚式でした。私は実務家としては,かなり理屈っぽい方なのですが,それでも本物の研究者ともまた違うことを再認識させられました。

まずは,学者としての職を得るところからスタートしないといけないようですが,まあ東大で研究者をやっているのですから,何とかなるのでしょう。頑張ってほしいところです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)