安川電機,取締役数の上限を減らすことを株主総会に提案へ


安川電機がガバナンス改革の一環として,取締役数の上限の引き下げなどを定時株主総会に提案することを発表しました。

当社ガバナンス体制強化について

取締役の員数を減らすこととそのかわりに執行役員の導入なども同時に行われる模様で,執行役員の使い方としては最近,よく見られるようになった取締役会スリム化に伴う導入というパターンのようです。

もっとも,取締役の定数は,幅を持った値にしておくことが普通で,本件の安川電機も現在は20名以内という定め方をしている模様です。

幅を持った定数の定めをしているなら,実際の選任をそれより下回らせるという方法で,定款変更をしないでも取締役の数を減らすことができます。

しかし,取締役の定数と実際の取締役の数がかい離してしまうと,経営権を巡って対立が起きた場合に,株主提案で取締役候補者が建てられた場合にかなり困る事態になりかねません。

その辺の考慮もあるのかと思います。

 

なお,安川電機では,取締役の数が業績連動報酬にも関係するということで,その点からの変更もいろいろと必要であるようです。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。