ちゃんとわかっているのか


今日は色々と片付けないといけないことが多く,あまり法律と向き合っていることができませんでした。

確定申告はできていますが,この時期にはいろいろとやるべきことが多く,色々なことに時間をとられてしまいます。

 

一方で,弁護士の敷居が高いと思われていることで,残念な事態に直面したりして,なかなか難しい精神状態の週末でした。

 

今日は震災からちょうど1年ということになりますが,あまり伝えられていないものの生死には直結しないものの被災地では結構深刻な事態が起きつつあるような気がします。

この情勢下で消費税を上げてしまうことが果たして可能か,あげてしまって大変なことになって消費税を上げるということが政治的に完全にタブーになったらどうなってしまうのか,非常に心配です。

野田総理は,不人気でもならないといけないことは悪評を被ってもやるべきだという信念でやっているつもりなのだと思いますが,いささか世の中がどうなっているかに鈍感である感じがあり,地に足のついていない口だけ達者な感じがあります。

そうでないならいいのですが,今のままではうまくいかないのではないかという感じがします。ちなみに消費税ばかりに注目が行くためにあまり騒がれていませんが,消費税以外の増税策はほとんど既に実行されてしまいました。それでもまだバラマキに全然足りていないこの現実,いったいどうなっているのでしょうか。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)