最高裁,共有物分割のための競売に民事執行法59条の消除主義と同63条の剰余主義の適用があると判示


民法258条2項に共有物分割の方法といて補充的に競売によることが定められています。

要するに,共有物を競売したお金を持分に応じて分けるということになるものです。

このような競売を形式的競売といいますが,これらの競売に,普通の強制執行の競売に適用される消除主義および剰余主義が適用されるかという論点があります。

競売の目的物に付着している権利が競売を機にすべて消滅するというのが消除主義で,こうすると買主の権利の安定するので,競売がはかどるという利点があります(民事執行法59条)。

そのためには,目的物に付着している担保権などの権利者が,競売によってやたらと権利を失う事態になると害がおびただしいので,剰余主義といって,競売を申し立てた人に配当が見込まれない場合にはそこで競売の手続きが取り消されることになっています(民事執行法63条)。

そして,民事執行法195条では,形式的競売については担保権実行の競売の例によると定められています。

こう見ると,形式的競売にも,消除主義,剰余主義は妥当してもよさそうですが,例によるとは解釈問題であるということとされており,それぞれの競売の目的に照らしてそこまでしなくてもよいのではないか,担保権などは継続する引き受け主義をとっても問題はないのではないかと考えられるものがあるために,争いになっているものです。

今回,共有物分割のための競売について,最高裁が,消除主義と剰余主義の適用があると判示しました。

最高裁判所第三小法廷平成24年02月07日決定 平成23(許)31 担保不動産競売手続取消決定に対する執行抗告棄却決定に対する許可抗告事件

ところが,法廷意見としては,以下のように言い切りをしているだけです。

民法258条2項所定の競売を命ずる判決に基づく不動産競売について,民事執行法59条が準用されることを前提として同法63条が準用されるものとした原審 の判断は,正当として是認することができる。

岡部裁判官の補足意見がついており,要するに共有物競売の場合には,消除主義と剰余主義を適用することが利益状況の調整としては一番合理的であるということを述べておられます。

 

金銭に換価することが目的である場合には消除主義および剰余主義の適用があることが確かに合理的ですので,その通りといえましょう。

この論点については,共有物分割の競売時の抵当権の帰趨については執行裁判所が決定できるとした東高判昭和61年3月24日があるのですが,この裁判例は否定されたということになりましょう。

 

上記のように,金銭に換価することが目的である場合には,消除主義および剰余主義がで起用されるとすると,換価が目的ではなく,所有者が変わってくれることだけが目的である建物区分所有法59条に基づく競売では,剰余主義の適用はないということも考えられ,その旨の裁判例も存在します(東高決平成16年5月20日判例タイムズ1210号170頁)。岡部補足意見もその旨を述べておられます。

最高裁としてはこの59条競売については,何の判断もしていませんが,59条競売に対する剰余主義の適用の有無についても示唆を与える事件といえましょう。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。