偏り


とある事情から今日は,刑事法ばかりやっていました。

使わないとすぐに忘れてしまうのが,情けないところです。

最近はかなり珍しい法律ばかりと向き合っているので,偏りが生じてきて大変です。それでも基本は民法なのだなあと実感できる場面があり,民法の大事さを改めて実感しています。

ここのところ接触が多いのは法人法の部分ですので,昨今の債権法改正に係る部分ではありませんが,債権法改正がどうなっていくのか,非常に興味深いです。

 

それにしても,一般社会の標準的なものからかなりかけ離れたものばかりを目にしています。これに慣れてしまうと,かなり偏った世界観をもってしまいそうです。

社会人経験を有している身からすると,司法修習で裁判官の示す経験則が極端に過ぎると感じる場面が非常に多かったのですが,これはそういう事象しか裁判沙汰にならないからであり,実際にふれた中から抽出された経験則であり,裁判を行うに当たってはあのような経験則でないとむしろいけないのでしょう。

法律家としての感性はどこに基準を置くべきか難しいということでしょうか。私は,こじれてしまった事件には,ものすごく違和感を感じてしまうという感性そのものは大事ではないかなと思うのですが。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)