適切な隙間風


大阪市の橋下市長はすっかり一自治体の長にとどまらない政治的な存在になってしまいました。

組もうとを手を差し伸べる人に事欠きませんが,下手なのと組むと,足を引っ張られるのでかえってマイナスでしょう。

ご本人はその点を十分わかっておられるようですので,もはや老害としか言えない勢力との変な合従連衡ができることはないと思いたいところです。

さて,そのような橋下市長でも,名古屋市の河村市長との間では微妙な感じになっているようです。報道では隙間風が吹いているなどとふれているところもあります。

日経では,「名古屋では愛知県の大村秀章知事とは連携する一方、河村たかし名古屋市長とは距離を置く。維新内部では河村氏とも手を結ぶべきだとの声もあったが橋下氏は「危険だ」と最後まで拒んだ。」と書いていました。

国政レベルでの自分の勢力について,どこと組むかについてあまり好き嫌いを表明してない橋下市長ですので,これは珍しいように思えるのですが,よくよく考えると,河村市長と距離を置くのは極めて適切に思えます。

東京から見ると,意欲的な自治体の長ということで,名古屋市も愛知県も大阪市も同じ状況にあるということになるのかもしれませんが,どうも名古屋市だけは,地元紙の報道などを見る限り状況が混乱しているように思えるのです。

減税日本の勢いもその後の選挙ではなくなっているようですし,こういったことを踏まえてみると,橋下市長の対応は極めて当然に私には思えたのでした。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)