サンクスと,脱退を認める内容の和解をしたフランチャイジーのCVSがローソンと契約


JAPAN LAW EXPRESS: サンクスのフランチャイジーで120店を運営するCVSが,サンクスとの契約を中途解約 店舗をローソンに切り替えるべき交渉中であることが明らかにの続報です。

運営しているコンビニエンスストアをサンクスからローソンに乗り換えようとして,中途契約権はないとするフランチャイザーであるサンクス本部と訴訟になっていたフランチャイジーのCVSですが,中途契約を認める和解が成立したことをお伝えしました。

その後の動きがあり,ローソンとの契約が成立したことが明らかになりました。

CVSベイがローソンとFC契約、5月末めどに順次ブランド転換へ| ビジネスニュース| Reuters

シー・ヴイ・エス・ベイエリア(2687.T: 株価, ニュース, レポート)は20日、ローソン(2651.T: 株価, ニュース, レポート)とフランチャイズ契約を結んだと発表した。CVSベイは、サークルKサンクス(3337.T:株価, ニュース, レポート)とのFC契約が2月末に終了するため、3月から5月末をめどに順次ブランドの転換を進め、営業を再開させる。

CVSベイは、昨年11月末現在で119店舗を展開している。今後については、都内の未出店エリアや神奈川県などに、出店エリアを拡大していくことも検討するという。

(略)

フランチャイジーとはいっても,個人事業主ではなく,法人であり,徳の本件ではかなりの数の店舗を有しています。既存のコンビニエンスストアの店舗は一気に別ブランドになるというのは珍しいことだと思われます。

 

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。