何だかよくわからないなあ


今日がクリスマスということですが,結局,寒いだけで天気予報の通り,三連休は荒れ模様ということにはなりませんでした。

雪の予報がうちの周りにも出ていたのですが,寒かっただけに終始しました。

 

さて,今日でNHKのドラマの「坂の上の雲」が最終回を迎えました。時間の制約のためかもしれませんが,唐突な展開を繰り返していて,何だかよくわからない感じの日本海海戦でした。

有名エピソードは随所にちりばめられていたのですが(降伏しています。砲撃をやめてくださいのシーンなど),全体としては何だか消化不良な感じを受けました。

今回だけではなく,地上戦も含めての感想ですが。

はたして坂を上ってみたところには,どのような景色が広がっていたのでしょうか。

結局,必死に坂を上っても太平洋戦争という破局を迎えてしまうわけですが,混迷の極にある今日,その坂を上って行った過程を描いたドラマをあれほどよくわからず解消化不良的に作ってしまったということに今日の日本の混迷が現れているのかもしれません。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)