その内実は


今日も寒かったですが,会議室はとてつもなく暑くて,気が遠くなりそうでした。今日は比較的暇だったのですが,異様に疲れたのは,会議室が暑すぎたせいに違いありません。

 

先日の報道で,司法修習を修了しながら弁護士登録をしなかった人の数が,全体の2割に上ったとして話題となりました。

年々上がっていることから,就職難が進んでいるという論調です。

就職難になっているということは確かにそうなのですが,しかし,実際はその報道の字面から受けるほどにはひどくないというのが実際のところです。

12月15日付で弁護士登録をしたのは,9月下旬に設定されていた申し込みの締め切りまでに登録申請をした人だけなのです。

ですので,この時点で就職が決まっていない人は,収入の当てがないのに弁護士回避の負担が発生することは避けることから,登録を遅らせるという選択が取られることが相当するあるわけです。

ですので,先日,明らかになった数字は9月下旬の段階での就職状況はよろしくないということを意味しているわけで,これは就職難であることを意味するのはその通りですが,その後の就職活動はそれなりに堅調であり,最終的に時期が遅れても弁護士登録をする数は例年並みに上るという肌感覚です。

しかし,なかなか決まらないということはいよいよもって飽和になっていることを意味しているのは間違いないでしょう。新64期はなんとななったという評価になるのではないかと思うのですが,新65期は最終結果も大変なのではないかという予感がよぎったりもします。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)