JR東日本の株主が,同社の信濃川違法取水について当時の役員が適法な業務執行を監視する義務を怠ったとして責任追及の訴えを提起


少し前のことになりますが,2008年から2009年にかけてJR東日本の信濃川発電所が,信濃川から取水をしすぎて違法取水を行っていたことがありました。

これについて株主から当時の役員に対して責任追及の訴えが提起されたことが明らかになりました。

取水に関する許可が取り消されたなどの行政処分があってその間,不足する分の電気を電力会社から購入していたなどの経緯があったかと思うのですが,この株主が会社に与えた損害として指摘しているものとして,流域の自治体への寄付を上げているのが注目されます。

増加した電気代なども損害に含めているのだとは思いますが,地域との関係のための支出について問題視するのは珍しいと思います。もっとも地域への支出を違法だといっているわけではなく,違法取水がなければ必要のない支出だったとしているわけで,因果関係のある損害ということは言えそうです。

したがって,主たる争点は当然ながら任務懈怠の有無ということになるかと思います。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。