示唆に富む


NHKドラマの「坂の上の雲」がまた始まりましたので,早速見てみたのですが,何だか陸軍がバカみたいに見えてきて,実際よりもひどく描かれているような感じがしました。

あれで戦争に勝てたら奇跡に近いといえましょう。

もっとも,よく描かれている部分もあります。ロシア軍は何だか知らないのですが,クロパトキン将軍がやたらと消極的で戦略的撤退をやたらとしていたので,勝ったんだかよくわからない様相を呈したというのは実際に近いように思いました。

 

そもそも,司馬遼太郎の作品は,歴史ものではありますが,やはり創作物のようです。

原典や資料にたくさんあたり,十分に読み込んでいるのは確かで,その点は他の追随を許さないと思いますが,どうしもて学問としての歴史と違うので,間違って受け取ってしまう点があったようです。そのせいで色々と俗説が広まってしまっているのですが,この坂の上の雲もドラマ化に当たり修正するのかなと思っていたのですが,どうも原作の通りになる点がありそうです。

次回なのだろうと思いますが,児玉源太郎がどう動くかいささか気になります。

 

それにしても,日露戦争というのは,すでに太平洋戦争に至る日本の問題点が露呈しているという点で極めて重要な事象であることがわかりました。

陸軍と海軍の対立は,この当時は太平洋戦争ほどではなかったのが実際だったようですが,厳然と組織がが別であることの弊害を感じ取れます。

また,指揮命令系統を無視しての介入があちこちからあったことがドラマのシーンでも見受けられましたが,これもいかにも日本の組織にありがちな病巣です。

個人的に太平洋戦争の最大の問題点ではと思うのが,日本人の情報に対する感性の悪さなのですが,この日露戦争では,情報をうまく活かして成功した日本海海戦がある一方,旅順港に閉じこもっているロシア艦隊の状況を把握できておらず,健在だと思っていたという情報収集の怠りがあるのです。

色々と象徴的な戦争だったわけで,近代国家への坂道を登れたかというと実はその先の問題も露呈していたというのが現実だったのだろうなと思います。

NHKがこれをドラマ化した本当の意図はよくわからないところがありますが,色々な意味で示唆に富んでいる素材であると思うところです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)