金融庁,ライツ・イシューで権利を行使しない株主から会社が取得した新株予約権を証券会社が取得する場合とブロックトレードで証券会社が仲介に入る場合をインサイダー取引規制の適用除外へ


金融資本市場及び金融産業の活性化等のためのアクションプランというものが金融庁から平成22年12月に発表されているのですが,それに沿って順次内閣府令の改正が行われてきました。

そのうち,インサイダー取引規制に該当するかという懸念から控えられてきたいくつかの行為類型について,これを適用除外とすることで活性化を促すという内容の内閣府令の改正が行われることが報道されました。

それは,どちらも証券会社が当該行為をした場合を適用除外とするというものです。

 

一つは,ライツ・イシューで会社が,権利を行使しない株主から新株予約権を取得した場合に,それを証券会社に売却する行為です。

もっとも,これ自体は上記アクションプランに明示的には記載されてないと思います。

 

もう一つは,ブロックトレードで,証券会社が仲介に入り,大株主から買い取る場合です。

こちらは,アクションプランに記載されており,以下のようにされています。

(4) 株式等のブロックトレードの円滑化
大口株主等が市場価格へ影響を与えることなく保有株式の売却を行う場合等に利用されるブロックトレードの際に行われる証券会社による5%以上の株式売却の仲介行為は、インサイダー取引規制の適用対象となる「買集め行為」に形式的には該当することになる。しかし、当該仲介行為は、会社に対する支配等を目的とするものではないと考えられることから、このようなブロックトレードに関する証券会社の仲介行為を「買集め行為」から適用除外することとし、平成23 年度中を目途に、金融商品取引法の関連政府令の改正を行う。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。