ほしいものがないと


今日は一日中,某所でイベントをしていました。

別に楽しい類のものではありません。

自分がこういうのがあったらいいなと思うものが,市場にないので仕方ないので自分でやるというだけのことです。

サービスの分化は進んでいますが,まだまだこういうのがあったらいいのにと思うことは,ままありますね。

しかし,サービスならあったらいいなと実現すればいいのかもしれませんが,政策であったらいいなを実現すると,財政の硬直化を招くのでよくないことがだんだん明らかになってきました。

国民をばかにするなという声もあるかもしれませんが,現金の給付は政治的理由からやめられなくなる傾向が強く財政の硬直化を招くので,やはり禁じ手なのでしょう。

これが株主への利益還元策の問題で,現物を贈ろうとする株主優待か配当重視かということなら,理論的には結論は明らかなのですがね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)