三井住友、UFJ株300株取得、株主提案権獲得


商法232条の2より発行済み株式の1%以上または300株以上を6カ月以上継続保有すると株主総会の際に、自分で議案を作成して総会で議題とするように請求できるようになります。これを株主提案権といいます。UFJとの経営統合を諦めていない三井住友はUFJ株300株を9月中に取得、来年のUFJの株主総会で株主提案権を獲得することが明らかになりました。記事はこちら
来年の総会で三菱東京との統合反対に3分の1の支持を集められるように、委任状争奪合戦などをするようです。
委任状争奪はアメリカでは非常によくありますが、日本ではぼちぼち実例が見られるようになってきたものの、まだあまりなじみがないものです。それが都市銀行のような大きな会社の総会を巡って展開されるとしたら、大変なインパクトです。
実際に起こらないまでも、ここまでこぎつけただけで日本の企業社会も本当に変わったんだなと実感させられます。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)