治るって偉大なこと


連休がもう終わってしまいました。

早かったです。

法律情報がたくさんたまっているのは一向に片付いてません。

残念です。

 

さて,医者にも当然,良し悪しってあると思いますが,中々情報がうまく流れていないような感じを受けます。

同じ専門職の代表格である弁護士に比べると,かなり情報はある方だと思うのですが,精度がいまいちなような感じもします。

そのような中,ちゃんと治すことができる医者というのはやはり名医なのだなと実感できることがありました。

たいしたものだと感心しました。

 

世の中,ちゃんとした医者にかかればずいぶん違うのに,そうなっていたないためにいつまでたっても解決していない人がずいぶん多いのではないかと思いました。

もしかしたら,これは弁護士にも言える話かもしれません。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)