最高裁,建物の建築に携わった設計・施工者等が直接契約関係にない居住者等に対しても責任を負う「建物としての基本的な安全性が欠けることがないように配慮すべき注意義務」に反して損害賠償責任を負う場合の「建物としての基本的な安全性を損なう瑕疵」には,放置するといずれは居住者等の生命,身体又は財産に対する危険が現実化する場合も含むと判示


民法の判例知識として,直接契約関係にない建物の建築に関係した者と建物の購入者間でも不法行為責任が生じる場合があるとした判例があります。

最判平成19年7月6日民集61巻5号1769頁

建物の建築に携わる設計者,施工者及び工事監理者(以下,併せて「設計・施工者等」という。)は,建物の建築に当たり,契約関係にない居住者等に対する関係でも,当該建物に建物としての基本的な安全性が欠けることがないように配慮すべき注意義務を負うと解するのが相当である。そして,設計・施工者等がこの義務を怠ったために建築された建物に建物としての基本的な安全性を損なう瑕疵があり,それにより居住者等の生命,身体又は財産が侵害された場合には,設計・施工者等は,不法行為の成立を主張する者が上記瑕疵の存在を知りながらこれを前提として当該建物を買い受けていたなど特段の事情がない限り,これによって生じた損害について不法行為による賠償責任を負うというべきである。

この事件は,こう判示して差し戻されたのですが,差戻後の控訴審は,再び請求を棄却してしまいました。

これに対して最高裁に再度上告されたのが本件です。

最高裁判所第一小法廷 平成23年07月21日判決 平成21(受)1019 損害賠償請求事件

差戻し後の控訴審は,建物としての基本的な安全性を損なう瑕疵を,売却の日までに現実的な危険が生じていたことと解しました。

本件で一審原告の主張する瑕疵というのは,ひび割れや鉄筋の耐力低下があるというものであり,現実的な危険はいまだ生じていないとして,上記の平成19年判例の枠組みの中で請求を棄却しました。

これに対して最高裁は,以下のように述べて再度,原判決を破棄して,差戻しをしました。

第1次上告審判決にいう「建物としての基本的な安全性を損なう瑕疵」とは,居住者等の生命,身体又は財産を危険にさらすような瑕疵をいい,建物の瑕疵が,居住者等の生命,身体又は財産に対する現実的な危険をもたらしている場合に限らず,当該瑕疵の性質に鑑み,これを放置するといずれは居住者等の生命,身体又は財産に対する危険が現実化することになる場合には,当該瑕疵は,建物としての基本的な安全性を損なう瑕疵に該当すると解するのが相当である。

要するに,いまだに危険が現実化していなくても,放置するといずれは現実的に危険につながるような潜在的な要素が既にあるなら,基本的な安全性を損なう瑕疵に含まれるとしたわけです。

控訴審判決のいうような危険が現実化した場合,すでに生命身体に深刻な事態を生じていることになりかねませんので,なんでそうなるまで待たねばならないのかということは当然に批判しうるところです。ですので,そのような帰結が科学的に当然に予想されるような瑕疵がすでにあるなら,現時点で基本的な安全性を損なう瑕疵があるといえるという判断は当然のことといえましょう。

しかし,この価値判断が妥当するのは,上記でも言及しているところですが,待っていては生命身体に深刻な損害が生じる場合でして,損害が運命づけられているなら何でも入るというのには躊躇を覚えるところです。

そこでこの判決では,入らないものを例示しており,最高裁判例の書きぶりとしてはかなり珍しいものだと思われます。

建物の美観や居住者の居住環境の快適さを損なうにとどまる瑕疵は,これに該当しないものというべきである。

この判示をした理由は色々と憶測されるところですが,本判決が差戻しであり,さらに事実審理をしないといけないことから,必要な指針を示したものということはできるでしょう。

平成19年判例は,不法行為に関する判例知識として有名なもので司法試験にも出題されるものですが,さらに内容が加わりました。これも覚えておくべき内容といえるでしょう。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。