プロパスト,民事再生手続の終結に伴い中長期的視野に立って経営にまい進するためとして,1年に短縮していた取締役の任期を2年に伸長


JASDAQ上場のプロパストが,民事再生手続が終結しての定時株主総会にあたり,いろいろと興味深い議案を付議しています。

定款一部変更に関するお知らせ

特に注目されるのは取締役関係の定款変更で,任期を1年に短縮していたのを2年に伸長するとした議案と取締役の任数を10名以下から5名以下へと実質的に定数減を図る議案です。

任期の伸長は,中長期的視野に立って経営にまい進するためとされています。1年の任期にしていたのは経営責任を明確化するためとしており,民事再生手続が終結したからということはわかるのですが,今後の経営ビジョンと一緒でないといささか不安を生じるかもしれない印象です。

また,定数減については意思決定の迅速化を図るとしています。

再生計画の着実な実行のために委員会設置会社のような体制をとることがどれほど実例といて多いかはよくわからないのですし,それが終結したからといって経営体制を普通の取締役会設置会社のように改めるというのは珍しいような印象を受けます。

いずれにせよ,興味深い事例であると思われます。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。