電力各社の定時株主総会の議決権行使結果の開示が出そろう 株主提案の賛成はすべて1割以下にとどまる


詳細な議決権行使結果の開示がなされるようになって2年目になりますが,今年は原発関連で電力各社の定時株主総会の議決権行使結果の開示に注目が集まっています。

日経の報道によると,7月6日までに電力各社による議決権行使結果の開示が出そろったとのことです。

それによると,株主提案への賛成はどれも総議決権に比して1割以下の賛成にとどまっていたことが明らかになりました。

代表例として,東京電力の臨時報告書へのリンクは以下の通りです。

臨時報告書

東京電力では,株主提案である3号議案への賛成は8.01%にとどまっており,株主総会当日の熱気の割に低かったことになります。

資本多数決ですから機関投資家が事前に投票することで総会当日以前に帰趨が決まっていますから当たり前の結果でありましょう。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。