小手先では大局は変わらない


今日は色々と机に向かってやらないといけないことがたくさんあったのですが,やっているとどうしても眠くなり大変でした。

電車の中で法律の論文とか読もうとすると,大変な催眠効果がありますが,似たようなことだと思います。

とにかく,今日はちょっと忙しいので,法律情報の更新はお休みさせていただきます。

 

さて,先日,都内で歩いていたら,ご婦人たちが「菅は,いつまでしがみついているつもりなのかしら」などと話をしていました。

明らかに批判的なトーンであり,市井の人が見ても,しがみついているようにしか見えていないというのは明らかなことなのでしょう。

はったりが成功して,当人はご満悦みたいなのですが,喜んでいる場合ではないと思います。

このご時世に政局にしてどうするのかと内閣不信任には批判的だった世論もあろうかと思いますが,あのように切り返したのはまずかったように思われます。批判の矛先は見苦しい行動をした総理の側に向かってくるのではないでしょうか。

聞きかじった会話があるからそうだというわけではありませんが,これは木を見て森を見ずというか,大局的には自分の政治生命を縮める愚策だったことになるのではないかと思います。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)