幼稚


児玉清さんが震災対応について「幼稚」と批判されているそうです。

幼稚というのはおよそ政治や会社の事業遂行などに使われる単語ではないはずですが,今の現状を見ていると確かに非常に納得いく表現です。

対処の仕方だけではなく,パフォーマンスをしたがるなど,その行動原理はてんで幼稚です。

政治の分野の幼稚さは,民主党もひどいですが,野党もてんで幼稚であることに変わりがないように見えます。これだけひどい体たらくなのに,政権を倒すことすらできないのですから。

この幼稚の原因は,いろいろあり複合的でしょうが,原因の一つではないかと思われるのは,政治家には社会で働いたことがない人ばかりであるということが影響していそうです。

物事の進め方がまるでなっていないということは,会社の仕事の進め方を知っているならたちどころにわかるはずです。

 

安全弁としての手続きや法律の留保を政治主導だといって,根拠なくやってしまうのは,単なる共産圏の独裁と同じです。なんでこんな無節操な人ばかりがはびこっているのか,非常に疑問です。

日本人にはもっとまともな人がたくさんいると思うのですがね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)