感想を聞くのもマーケティングの一種


今日から本格的に連休明けとなったようで,朝の通勤時はかなり混雑しました。

震災前と比べるとやはりやや空いているような気がします。

 

帰宅時は東武東上線で人身事故があり,1時間半も止まってしまって,なかなか帰れませんでした。

東武は復旧に時間がかかる傾向があるのですが,それでも1時間半もかかるのは相当なことです。

かなり大変なことがあったように思えます。

 

さて,このブログの読者の方とお会いすることがたまにあります。

まあ,わかってもそれほど驚くようなことではないのですが。

 

そういう際にはリップサービスもあるかと思いますが,だいたい好意的な感想をいただけます。

結構,法律を専門とされていない方が読んで面白いとおっしゃっていただけることが多いのですが,長い記事はよくわからないので読まないということも言われます。

一方で,最近実務家の方から同じような感想をいただくことがあるのですが,時間がないので短く本質だけまとめてほしいみたいな話をいただきました。

そもそもかなり重たい内容で,そうできたら苦労はしないくらい難しい事象もあるので,そうそう簡単にはできないなあと思うのですが,忙しい実務家に読んでもらうには,端的にまとめないといけないなあということも実感しました。

論文を書いているわけではないので,確かにプレゼンテーション的なものを考えないといけない点はありますね。ちなみに私でも論文を書くときは,もっと違った書き方になります。もっとも,最近,ブログでぼやかして書く癖がちゃんとしたものを書くときにも影響してきてしまい,困ることがあるのですが。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。