大和ハウス工業,労働基準監督署から割増賃金を支払っていないとして是正勧告を受けたことに対する対応を公表


労働事件へ法的対応をする場合,法的措置をとるほかに監督機関への通報とそれを受けて労働基準監督署が定期検査の巡回で入って通報を受けたことについて調べて発覚して指導が入るという流れになることがあります。

労働法分野というのは公法的規制が入るために法的問題の解決ルートに行政の活用の比重が大きいということなのですが,労基署からの是正命令についての対応を公表した事例がありましたので,取り上げます。

労働基準監督署からの是正勧告への対応について

これは大和ハウスがその雇用する労働者に割増賃金を払っていなかったことについて天満労働基準監督署から是正勧告を受けたもので,それに対する対応について発表がされたものです。

 

割増賃金とあるだけで,時間外手当のほうなのか休日手当なのか定かではありません。どちらもなのかもしれません。

 

対応というのは支払ったということと今後の予防のための措置からなる内容になっています。

このリリースでは,本件の端緒がなんだったのかはわかりませんので,上記に書いたような労働者からのアプローチに基づいて発覚したのかはわかりませんが,労働基準監督署の活動がうかがわれて興味深く,それが公表されるというのは珍しいように思いましたので取り上げました。

 

ちなみに2年以内の分の未払いの割増賃金を払うという話になっていますが,これは労働法には消滅時効について特則があり,2年で時効にかかるためです。

労働基準法

第115条(時効) 
この法律の規定による賃金(退職手当を除く。)、災害補償その他の請求権は二年間、この法律の規定による退職手当の請求権は五年間行わない場合においては、時効によつて消滅する。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

 

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。