何かがおかしい


今日は銀行に行ったりとか重要な用事をいくつか片付けました。この間行ったときには見事にシステムトラブルで大変な目にあいましたので,今日改めて行ってきました。たかが,銀行での手続きのためにえらい手間をかけています。

 

最近は残業が節電のためにできなくなり,比較的早く帰宅しているのに,法律情報の更新が進んでいません。

実は,情報収集はそれなりにしていますので,取り上げるべきことや判例はあるのですが,毎日,進展がない原発のことなどからどうにも厭世的気分になってしまい,着手できずに寝てしまうのです。

 

原発の件に限りませんが,震災対応全般にわたり失敗学やマネジメントの悪い例として,しっかりと黒くに残した方がいいような事例がたくさんあり,日本の歴史のためにしっかりと記録した方がよいと思います。

分野を問わず,大事故はしっかり分析されて原因究明などがまとめられています。私もそれらの資料を題材にした研修を受けましたし,ケーススタディーもよくしました。そういうことの勉強をした面から行くと,今回の震災対応における東電の行動や政府の対応は,失敗学のケースステディになってしまうようなひどいものが多いといえるでしょう。

しかし,研究対象にするのは,当然だと思いますが,原因としてはこれまでの研究で言及されたようなものとは違うことになりそうです。

どうみてもうまくいっていない原発対応の担当大臣を作るのでそれを自民党に提示して受けると思って楽観していたという報道があるのですが,本当にそう思っていたのならはっきり言って狂っているとしか思えません。菅総理は鳩山前総理とは違うと思うので,現状認識が著しくおかしいだけなのだと思いますが,それでも十分失格です。

抽象的なメッセージを毎週金曜日に一方的に発表して悦に入っているようで,どうも自分が総理として居続けて,パフォーマンスを続けること(民主党が政権にあることではない)しか興味がないように見えてきたのですが,気のせいであることを祈ります。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。